劇場版Zガンダム『星の鼓動は愛』

『星を継ぐ者』『恋人たち』ときて、ラスト『星の鼓動は愛』をとうとう見てきました。最後の一作まで「うあ、来週で公開終わりだよ!」とか言いながらバタバタとね。
後半の悲劇的展開の数々を映画の尺に収めるのはさぞかし大変だったのでしょう。ノンストップの戦闘シーンと、バッタバッタと死んで行くメインキャラクターたち!それはもう、死ぬわ死ぬわ!

そして最後はカミーユが正気のまま終わるらしい、という噂通り、精神崩壊のないハッピーエンドバージョン。死にまくったひとたちに対して生きててよかったね…っていう風なラストでした。


しかし前作ラスト思った事。
「恋人たち」というタイトルでもってきた2作目、いかにもフォウがメインですというかんじでCMなんかは作られてたように思いましたが、トータルで言うとサラ5:ファ3:フォウ2くらいじゃなかった!?でもって命を賭してフォウがカミーユを宇宙へ送ったその直後、視聴者の眼前に繰り広げられたのは………「ヘルメットが邪魔でキスできないよう!」アハハウフフ……ってなかんじのカミーユとファの姿。

えええ〜〜〜?フォウのことはもういいの…?カミーユ……

でもって今回。
シロッコとの決戦で、死んだ人たちがいろんなことを好き勝手にいいながらもとりあえず力を貸してくれて戦いに勝ち残ったカミーユ。思い切り力を分けてもらっていたクセに、

「精神だけの存在になった人たちよりも生きてる君が重要だ」

とか言いながらまたもや宇宙空間で激しくイチャイチャしているカミーユとファ。
ええええ〜〜〜〜?
そ、その精神だけの人たちに助けられたんじゃなかったの?あなた…

いや、それなりに面白かったし、このラストも悪くないと思う。
最初から通しでもう一度見たい気さえしますけど、ちょっとカミーユのこの軽さには疑問も覚えるのだった…。