ウィルコム、名古屋市交通局広告へ抗議

名古屋の電車の中吊り広告。
社内での携帯電話の使用をやめさせるというマナー広告です。

この微妙なかんじの若者が手に持っているのは、どう見てもウィルコムAH-K3001V。いわゆる「京ぽん」です。カメラ位置が微妙に改造されてますが、その他はまんまです。
ご存知の通り、使っていないときも電磁波を発生している携帯電話と違い、PHSが発生する電波は極めて微弱で近くで使ってペースメーカーへの影響はないのは当然のこと、実際数センチ程度まで近づけてもまったく問題ないことが証明されています。あ、携帯も3Gはなにかが違うらしいね、よく知らないけど。


とまあこれは技術的なお話で、マナー的には私も優先席付近でPHSはいじらないようにしています。なぜならペースメーカーを使っている方から見て携帯もPHSも見分けがつかないですから、無駄に不安感を抱かせるのはやぶさかでないからです。

ですからこういう中吊りによるキャンペーン自体は賛成しますが、それについてのポスターにPHSを採用しているのはどうしてもいただけない。おそらく携帯各社の機体を使用するとその会社から抗議が来ることを見越してPHSを採用したのではないかと推測しますが、それならそれでもっと原形をとどめないほどに改造するべき。今現在でもかなり愛用しているユーザーが多いモデルだけに、反発する人の数も多くちょっとした問題になっている模様。
ウィルコムからも抗議文が出ているようですが、さてどうなりますか。