スネール発見

medaka.jpg

睡蓮鉢内にてスネールを発見。(写真にはいません)
最初はタニシかと思ったけど、モノアラガイかサカマキガイみたい。たぶん水草に卵かこどもが付いていたのでしょう。
タニシなどはコケを食べるので水槽にわざわざ入れる場合もあるようですが、睡蓮は栄養の吸収がよくコケはそんなに発生しないらしい(水質が富栄養になりにくい?)。てことでむしろスネールは睡蓮の葉に穴を開け、いきおいよく増えてフンでいっぱいになるという話なので、小さい状態のうちにあっさり除去させていただきました。
一匹見つけたら10匹いるらしい!探したら結局合わせて3匹見つけたので、全員捕獲。引き続きパトロールを続けます。

いいのだウチのはエセビオトープだから。
私に都合のよい自然でいてくれればそれでいい。

メダカの稚魚と親を一緒にいれておくと稚魚が食われてしまう(食うなよ…)らしいので、稚魚用に水槽を用意しておくべきなのか、まだ生まれてもいないのに思案中。だって水質が安定するまでに何日かかかるし〜
とりあえず小さめの鉢にホテイアオイなんか浮かべて、もう一つだけ作ろうかと思います。

いろいろ調べているうちにでかい鉢とか水辺植物とか、よけいなものをうっかり買う気になってたりしていてとても危険です。