アニメ。

2クール物で最後まで見たのは、結局ホリックとシムーンだけでした。
いろんな人に言ってるんですけど、ほんとにシムーンが良かった。第1話がわからなすぎること、設定が難解で慣れるのが大変なこと、お話にギアが入る第8話くらいまで見ないといけないこと、これで視聴者がだいぶ振り落とされてしまったようなんですけど、その後は本当にすごかった。間違いなく続きが楽しみなアニメナンバーワンでした。
売り出し方としては「百合」を全面に出してましたけど、実際は今のアニメがイメージする「百合」とは遠くかけ離れたところにあったアニメでした(それが視聴率低迷の原因とも。百合好きよりSF好き、ファンタジー好きの層を召喚するべきだったのに)。最終回がまた良くて、深夜視聴した後録画を続けて3回リピート再生した。(一回では咀嚼し切れなかったというところもあるけど)。戦争もSF的謎も百合も801すらも内包しつつ、最後までブレずに「少女モラトリアム」を描ききった、見事な最終回でした。
美しければそれでいい。
だれもがかつて「少女」だった頃を懐かしく切なく思う、そんなアニメでした。
DVD欲しいな〜…

さーて次は10月の新番組だ。
いつからアニメの新番組をチェックするような人格になったんだろうなあ、自分。
「働きマン」…は正直アニメ化よりドラマ化の方が向いてると思うんだけどなー。どうなることか。
少年漫画系だと「REBORN!」「結界師」「DEATH NOTE」「D.Gray-man」「009-1」あたり、とりあえず何話かは見ます。
その他は「銀色のオリンシス」「コードギアス 反逆のルルーシュ」あたり。

その他、マンガ原作のドラマだと「のだめカンタービレ」が来ますね。一度ドラマ化に失敗しているらしいので、二度目の企画なのかな。千秋役は岡田くんの方がはまってるとは思うけど、まあ仕方なし。二ノ宮知子のブログ読んでたら、ちょっと楽しみになってきました。見よう。

あとドラマっていうか時代劇なんですけど、「逃亡者(のがれもの)おりん」がなんか気になってます。梶芽衣子的な匂いがするのよ。コスチュームすごい(ヒドイ?)し。