10月スタート-3

■働きマン
http://hataraki-anime.com/
良くも悪くも原作通り。「見てると疲れる」という読者が多いのもうなずけるマンガで、モヨコ作品の中では私もあまり好きなほうじゃない。仕事好きだしボロボロになるまで働いても自分で選んだことだから後悔したことはないけども…あー仕事した、と思って死にたいとは思わないなあ。ウチは職人体質の人が多い家系なので、多少はわからないでもないんだけどさ。
主題歌の「働く男」はいいですね!UNICORNの名曲をPUFFYがカバーしている訳ですが、ほどよく現代的になっていいかんじ。UNICORN版だと「夢で逢えたら」思い出しちゃうしね!

ところで先日「働きマン」は3巻が発売されましたが、1〜2巻に比べて腹立ち感が少なかったように思います。それはたぶん松方がスクープを手にすることなく挫折しつづける一冊だったから……。

人生も仕事もままならないもの。それでも生きていかなきゃいけないし、生きている以上働いていかなきゃいけない。成功もあるけど当然挫折だってある、そういう展開があってこその仕事燃えマンガだという展開は好感が持てると思いましたですよ。

■のだめカンタービレ
http://wwwz.fujitv.co.jp/nodame/index2.html
人気の音楽マンガ、とうとうドラマ化です。
マンガのテイストを忠実すぎるほど忠実に再現したドラマですね。台詞やノリがあくまで原作通りにマンガちっくに仕上げられていて、びっくりするくらいです。
ただそれがいいのかどうかは…よくわからないかも。面白かったですが、マンガとまったく同じならマンガ読んでりゃいいんじゃ…?という気がしたのも事実。
見ますけどね。
しかしながら、いちばんマンガと違いが出るのは「音が出る」ってことでしょう。登場する音楽が描線や演奏者・観衆の表情だけで描かれるのではなくて実際に流れているというのは、表現としてずいぶんな違いです。
それが吉と出てドラマが盛り上がるか、凶と出て案外感動が薄くなっちゃったりするのか…ていうところが意外と見どころなのかもしれませんね。

■結界師
http://www.ytv.co.jp/kekkaishi/
なんなの、アニメなのに初回1時間スペシャルって…!
前半しか録画できませんでした _| ̄|○
実は好きなんですよ結界師。ふつーに良い出来でしたのでこれからも見ます。
雪村の婆ちゃんの声が変だったな…

さてさて、これで10月新番組もほぼ出揃いました。ふと気づけば萌え系を一本も見てませんが…
最近ウチにヒマつぶしに来た人におすすめとして見せているのは「RED GARDEN」と「コードギアス
反逆のルルーシュ」の2本。「RED GARDEN」の絵柄は意外と気にならない人が多いみたい。私も何度か見たらけっこう見慣れてきちゃいました。ツイン・ピークスとか好きな人ははまるんじゃないかなあ。「コードギアス」は現在2話ですが、ルルーシュの黒さがいっそすがすがしい程です。次週は妹ちゃんも出てきそうだし、展開が楽しみ。
とりあえず続けて見ようと思ってるのは「009-1」「DEATH NOTE」「結界師」
いつ切っても別にいいな、と思いながら見てるのは「REBORN!」「武装錬金」「D.Gray-man」「働きマン」
そんなところです。