ひさしぶりに、めだかの話。

medaka.jpg

昨年末、一緒に引っ越してきためだか達。
ようやくまともなベランダのある部屋に移った事だしということで今は室内飼いではなく、外のベランダに鉢を出しています。
室内で育てているときとはだいぶ状況も変わったためか、いろいろな事が起こりました。

まずは寒さのために、めだかが動かなくなりました。これは冬場のめだかとしてはごく普通の状態なので特に問題なし。動かないためエサもそれほどとらなくなるし、ラクちん。ちなみに寒さにも暑さにも強いので、寒さで死んだりする事は無かったようです。

その後、日当たりがよいせいか、藻が大発生!
冬場はあまり鉢も水も劣化しないはずなのに、酸素供給のために入れている水草や壁にまとわりついては恐ろしいスピードでヘドロ状に!しまいには藻にからまってお星さまになってしまった小さいメダカも発見……。草を変えたり鉢を洗ったりするのも面倒になってきたので、お掃除役を飼うことにしました。

選択肢としては「エビ」と「貝」がありますが、エビ系は暑さなどに弱く比較的デリケートらしいので、面倒くさがり的にはパス。
貝もヘタにモノアラガイとかを入れてしまうと気づかないうちに大量に増えて逆に水槽を汚したりしそうなので、増えないという話の「石巻貝」を二匹ゲット。石巻貝は汽水域(淡水と海水がまじりあった塩分の少ない水)でないと繁殖できないらしいです。
さっそくメダカの鉢に放り込んでみましたが、いいかんじに鉢を掃除してくれています。藻がつかないので逆にエサが足りなくないか心配なくらい。よしよし。

春も近づいてきて、ぽかぽか暖かい日中はめだかもちょこちょこと泳いでみたりするようになってきました。
もう少し暖かくなったら大きめの睡蓮鉢を手に入れて、睡蓮とかクレソンとかセリとか植えたりもしてみたいものだと思っている今日この頃です。