米ぬかでしっとり♪お風呂生活

寒くなってきたので、昨年に引き続き今年も米ぬか生活再開しました。
米ぬか入浴を昨年ひと冬続けた実感としては、明らかにお肌に良かったです。具体的には保湿効果と美白効果ね。お肌しっとりできめ細かくなったし、透明感出ました。

ということで、冬の到来と共に再開です。米ぬかは昨年と同じく、東急本店地下の米屋で無農薬米の米ぬか(ひと袋100円)を購入。一回の入浴に、米の計量カップで2〜3杯分くらい。
昨年よりの改良点としましては、だし用の木綿袋を使用していることと、岩塩をプラスしたこと。
袋については昨年使っていた手作りのガーゼ袋をやめて、だし用の木綿袋を使う事にしました。丈夫なので、風呂の中で激しくモミモミしても破けたりしません。ちなみに東急ハンズで400円くらい、安いので洗い替え用も買いました。

塩は料理用にミルで挽いて使っているモンゴルの岩塩なんですが、ためしに加えてみたところ、すごい発汗と共にものすごくお肌ツルツルになってびっくり。近所で売ってるんですけどこの塩安いけどすごくおいしいんですよ。ゲランドの塩とかよりこっちの方が好みなので最近はこればっかり使ってるのですけど、ミネラルたっぷりのおいしい塩はお肌にもいいのですね〜。ただ砕くのが面倒なので風呂用には今度は粉砕されてるやつを買う予定。恐ろしい値段の入浴用の「死海の塩」とかを買うのは馬鹿らしいのでやめた方がいいと思いますよ、本物かどうかわかったもんじゃないし。

あとはドライハーブとか、エッセンシャルオイルとか、好みで入れても入れなくても。重曹とかクエン酸とかも入れるとよさそう。

ロゼットのクレンジングミルク、米ぬか入浴、ボネコの加湿器、この3つさえあれば今年も冬に負けないぷるぷるが素肌キープできる気がするYO☆