春の園芸計画(1)

02.jpg

園芸部です。
限りあるベランダでの土いじりを始めてから、2回目の春がやって来ます。
春のベランダ計画、本格始動しました。

まずは冬の間休眠していた睡蓮の植え替え。
小さめの鉢に植え付けていたので、掘り出してみると成長した根がギュウギュウになってます。おまけに子株がぽっちりできている。本来は株分けするべきなんだろうけど、すごく小さいのでたぶん分けても育たないだろう…という素人判断で、そのまま植え替え続行。水中でほどけない粘土質の荒木田土を赤玉土とまぜてよく練り、元肥も埋めつつ植え込み完了。
それだけでは寂しいので、水鉢の端の方にミツバとセリを植えてみました。スーパーで売ってたやつを発根もさせず(元々結構根っこ残ってたし)そのまま適当に植え付け。どちらも水辺の雑草だから生命力は強いはず。うまく根づくといいな。
水鉢と言えばメダカは元気に越冬しましたが、エビと貝は外に出してたのはほぼ全滅。室内で越冬した小さいメダカとエビどもは、4月くらいになったら外に戻そうかな。

室内で細々と続けていた水耕栽培は、とうとうやめることにしました。モーターが弱るのか、どうも循環具合が今ひとつになってきた気がするのですよね。さようなら、そしてありがとう「野菜工場」よ…。
最後に植えてたクリスマスローズと白妙菊は寄せ植えにして外に出しました。

箱で育てるデルモンテのやさいシリーズ「ニラ」はぼうぼうになってきたので、そろそろ収穫します。

次回につづく。