経過良好

2日経ちまして、包帯も取れました。
動かさなければもう別に痛くもないです。
抜糸までは濡らさず動かしすぎずにはしなくてはですけど、大人しくしていれば順調に治りそう。なんて傷治りの良い体。

しかしながら緊急事態っていうのは頭が冴えるもんなんだなーと思いました。
事件発生時、自分がすごい冷静な判断をするので面白かったです。

洗いものしながら、ガラスが割れて指が切れる。
右手人さし指のつけ根、外側部分。
叫んでもしょうがないので、後ろにいたダンナに指を切ったと宣言。

 ↓
その間の思考。
ああ、わりと深いなーこりゃ。
病院行きレベル、ていうか縫ってもらった方が早く治るな。
でも指は普通に動くし変な痛みも無いから、筋も腱も大丈夫そう。良かった。
肉って白いんだなー

 ↓
傷口にガラスの破片が残ってない事を確認してから
水道を止めて布巾で圧迫止血。
ここまで20秒くらい。

 ↓
慌てて薬箱を出そうとする夫を止めて、インターネットで病院を探してもらい、
電話で診療の予約を入れてもらう。

 ↓
保険証を探してからタクシーで病院へ。
スムーズに診療してもらって、レントゲン撮って縫合して終了。

ケガをしてから1時間後にはもう病院を出てました。夜間診療のためちょっと遠い病院をチョイスしてしまいましたが、わりと早めに診療してもらえたのも運が良かったようです。やはり処置は早いほどいいですから、術後の傷治りの良さにも繋がっていると思われます。
渋谷に住んでもう10年近くになりますが、実は総合病院探したのはじめてで近くの病院知らないんですよね。こんなことじゃいけないなーと思いました。タウンページ使うか…

しかし、ケガとか病気の時はほんとに一人じゃなくて良かったなあと思いますね〜。人に話す事で安心したり落ち着けたりもするし、荷物を用意してもらえたり車を用意してもらえたり、血ダラダラ流しながらの自分だけではもっと時間がかかってしまったはず。
ごはんも作ってもらって、上げ膳 据え膳。もうしばらく面倒かけます。感謝感謝。