アブとアブラムシと私

園芸部です。
最近庭の葉ものに半透明の不気味な何者かの幼虫がいることがあり、箸でつまんではメダカのゴハンにしていたのですが、先程それがヒラタアブの幼虫である事が判明。
あああ、なんてこと。
ヒラタアブさんと言えば、アブラムシの多いところに現れては卵を産み、その幼虫は大人になるまでに600匹ものアブラムシを捕食するという超・益虫。保護しこそすれ、殺害してしまうとはなんと申し訳ない事を…
思い起こせば卵や老齢幼虫も排除した記憶がある。無知ってホントに恐ろしいわ。

取り除く前に、その虫は今いる葉っぱを食べているのか?っていうところをちゃんと見極めないといけないですね〜〜〜。見た目がえぐいからって邪険にしていいというものではない。反省。
いま囮用に、カモミールとか稲とか、アブラムシが大好きな植物をいろいろ育ててるところだから、もう少ししたらまた来てね。