虫の季節ですよね

mint.jpg

園芸部です。
やはりミントの生命力はすさまじいです。
手前がイングリッシュスペアミント。香りがよく、お茶などにむく品種です。植え付けて2週間ほどで背丈が倍になりました。
奥はペニロイヤルミント。室内で育てていた時はしょんぼりしていましたが、明るいところに出した途端ワッサー生えてきて、もはやジャングル状態。ああ、根詰まりしてるんだろうなあ…

それはそれとして、やっぱり春になると虫の動きが違いますね。
春を迎えて葉の色つやもサイコーなベビーリーフプランターは、さながらアブラムシ牧場。多分に間引きが充分でなくて過密しているせいなのですが、別に体に害があるわけじゃないので洗って普通に食べたりもしています。とは言え夏の野菜を育てはじめてそっちが楽しいせいもあり、このままもう食用は諦めてバンカープランツ扱いでもいいのかなあとか思ったりもしています。
こいつが食われているおかげですぐ隣のレタスは虫がつかずにツヤツヤしてますし、夏野菜の苗も元気です。アブラムシ牧場にはやっぱりヒラタアブさんも同時にたくさん育っているのでこのまま維持して平田さんが増えてくれて、適当な頃合いでブランターを処分してしまえば、それはそれでヨシなのかもしれません。

さっきメダカ水槽補充用の水を張ったバケツをなんとなく眺めたら、中でミミズが一匹おぼれていました。どうやって入ったんだ。
とりあえずつまみ出して野菜プランターに移動。恩義を感じて土を肥えさせておくれ。

土いじりに虫はつきもの。虫も含めた生態系を楽しむっていうのも乙なもんです。