ペスト・ジェノベーゼを作るの巻

よく行く八百屋では、パンパンに詰まったバジルの袋詰めというのが売られています。
同じように「パンパンに詰まったルッコラ」とか「パンパンに詰まったセルバチコ」とか、ちょっと育ちすぎたかんじのものだとか間引きしたもの、こぎれいなパッケージに入れるには形がそろっていないものなどが袋詰めの対象のようで、いつも売られているわけではないのですが時々発見するとそれを買ったりします。
バジルペーストを作るのです。

バジルの他に入れるものはナッツとチーズと塩、にんにく、オリーブオイル。
基本は松の実とパルミジャーノチーズですが、好みでいろいろ入れても大丈夫。私は松の実の他にカシューナッツとクルミを、パルミジャーノの他にチーズをもう一種類(今日はペコリーノ・ロマーノ)入れることにしています。数種類のナッツとチーズを入れることでよりコクが出ます。

バジルとチーズ、ナッツをフードプロセッサーで粉砕したら、塩、ニンニク、オリーブオイルを加えてさらに粉砕。バジルの葉や油を足したりしつつ、なめらかに仕上がったらできあがりです。

ジップロックに入れて平らにならして冷凍保存します。
使う分だけ折って使えるので便利なのですよ。

オーソドックスにパスタにしてもよし、
焼いた牛肉やラム肉なんかにかけてもよし、
温野菜やサラダにかけてもよし、
つぶ貝のオーブン焼きとか、オムレツなんかも捨てがたい。
そろそろじゃがいものシーズンなので蒸したじゃがいもにかけたりとか、
パン粉と混ぜてポテトグラタンの上に盛って焼くなんてのもいいですね。