親知らず

最後の親知らずがようやっと抜けました。

全部で3本あった親知らず。
上あごにあった最初の一本はつるっと抜けたのですが、下あごの2本がどうもくせ者で、ずいぶん長い時間がかかってしまいました。親知らずというのは健康な歯でまっすぐ生えていれば別に抜かなくても平気なのですが、まず右下のヤツは斜めに生えていて隣の歯を圧迫していたため割って抜かざるを得ませんでした。左下のは1/3ほど顔をのぞかせたまま止まっていて、歯ブラシがなかなか届かないせいで虫歯になってる、これまた抜いた方がいい状況。
そして両方、歯根が短い上に楔状に膨らんでいて、さらに鉤状になってる部分とかあったりして、まあ抜けにくいこと。
麻酔が効きにくい(そして効くまでになぜかすごく時間がかかる)私相手になんども切開手術に挑まなければならなかった主治医(父)に同情。まさに親知らず!っていうね。

おかげで全部抜けて今はスッキリしています。
今回は体調もほぼ回復していたためか手術後に腫れたり痛かったりすることもまったくなく、今も鎮痛剤を飲む必要性すら感じません。来週抜糸したらほぼ治療終了。

風邪も治ったし、顔の湿疹もほとんど治った。
やっと体調のいい日々が過ごせそうです。