火鉢の季節

めっきり寒くなりましたね。
今年も長火鉢を引っぱり出しました。

ちょっと長い時間煮込むようなものの調理に、火鉢は大活躍。
この長火鉢の炉は二口で、片方には空気を取り込む穴が開いていて、もう片方は内部は隣とはつながっていますが空気穴は開いていません。片方で炭を焚いてもう片方は隣から回ってきた熱気を利用するという構造なのですね。従って、ちょっと強火で煮たい物は直火で、トロトロ煮込みたい物はもう片方を使うというかんじです。
本日は大根と砂肝とお豆腐をお出汁でじんわり柔らかく炊きました。

ガス代と比較して結局のところどうなのか?っていうのは計算する気もないのでよくわからんですが、長時間調理分のガス代+加湿器(普段はヤカンを乗せてます)+暖房代、と考えたらまあまあですよね。
うちではオガ炭をメインで使ってるので、多少はエコかしら。