お笑いについてグダグダと。

この前テレビを見ていたら、明石家さんまがM-1で優勝した芸人のことを知らなくて、
若手にM-1見てないんですか?と言われていたのだが、
それに対してさんまは「俺はお笑いに点数付けるのキライやねん」と言っていて、
おおーよく言った!とたいそう感心したのでした。
そうそう、そもそも点を付けるというのが野暮な話なのよね。

いまやずいぶんと権威あるお笑いのコンテストになったM-1。
そのために力を入れた作り上げたネタを鑑賞するには楽しい番組だけど、
採点形式についてはいつもなんかモヤモヤする。
2組の芸人を見てどちらが好きか、ならわかるんだけども、
一組一組点数を付けながら進んでいくというのは、
どうしても全体的に見ると公平になりにくい気がするのだ。

審査員が手元で採点しながら最後まで進め、
最終的に全部見終わった上で調整して結果を出すのならまだわかるんだけどなあ。
ライブ感を出したいというのなら、その調整の過程を発表してもいいと思う。
今のがすごくよかったからさっきのをちょっと減点します、とか。ダメかな。

そもそも紳助が嫌いだし、紳助と一緒にいる時のまっちゃんも嫌い。

私は紳助とかロンブーとかの、人を貶めて笑いを取るタイプの芸が嫌いだ。
品がないと思う。下品なのと品がないのはまた別の話で。
おバカブームも大嫌い。
なにやら格下の人を笑いものにしている後ろめたさが気持ち悪い。
ヘキサゴンとか早く終わればいいのに。まあ見ないから別にいいけど。

すべらない話とかもゴールデン番組になってから、
芸能人コメントとか無駄に華美なかんじが邪魔くさくて仕方ない。
お笑いは万人受けでなくてもいいから、面白いことを面白くやっていてくれさえすればいいのに。

単純にいつも明るく楽しめるお笑い番組がもっとあるといいのにな。

アメトークは好きです。
あと細かすぎて伝わらないシリーズと、笑わずぎらい王をもっとやってほしい。
あとは、くりぃむナントカが帰ってきたらいいのになー(深夜枠で)。
マシューズベストヒットTVも帰ってこないかナー(深夜枠で)。