パリでキモノ

kimono

↑ゴッホさんとあたくし。

パリで着物着てたら面白いかも、という軽い思いつきでトランクに着物一式を追加。シワになりにくく動きやすくて汚れてもよく暖かく、極力小物は少なめに…というわけでウールのキモノと半巾帯という組み合わせに決定したわけなのですが、これがまー当たり前ですが嵩張る嵩張る。帰りは郵便で送って空いたスペースにおみやげを詰めたので、まあ結果オーライ。

国籍を表明しながら歩いていたおかげで中国人や韓国人に間違えられることもなく、いろんな人からコンニチワー、オゲンキデスカーと声をかけられ、写真を撮られながら観光してきました。楽しかったです。

金髪美青年が走ってきて「あなた(の着物)が大好きです!」と(着物への)愛を告白された時にはいったいどうしようかと思いました(笑
一生の思い出にします。

ただ、パリは石畳や悪路、階段なんかが非常に多く、草履や下駄で歩くのには不向きです。いろいろ考えたのですが、sou・souのオシャレ地下足袋を持って行くことにしました。
これが大正解で、ちょっとした山道みたいなエリアもあるヴェルサイユでは特に大活躍でした。むしろ靴より歩きやすかったのではないかと思います。一応、クッションの効いた革張りの下駄なんかも持って行きましたが出番なし。

西欧諸国ではやはりキモノは喜ばれますね〜。
日本と違って特に着物の格や素材に関係なくランク高めのレストランにも入れますし、サービスもなんとなく良くなる気がします。
いろんな意味でなかなか面白いので、着物を着られる方は是非一度お試し下さい。荷物増えますが。