パリでごはん

さて最後はいよいよ、ごはん部門です。

到着したのが金曜日の昼頃。
金・土・日と週末効果でいろんなレストランに断られ断られ……
会長に教えてもらったお店もほぼ全滅!

旅で予定通りに行かないことはままあることですけど、
その代わりにと入ったお店や、出先でふらりと入ったお店などが
今回はほとんどハズレなく、最終的にはおいしくいただいて参りましたわ〜

後半は姉がいろんな知り合いに勧められたレストラン巡り。
どこへ行っても大満足のごはん部門でした!

 
■Café de Flore
172, Boulevard Saint-Germain 75006 Paris

Frontpage

週末の混雑でレストランに断られた後こちらへ。
「パン抜きのサンドイッチ」という謎メニューがあり、頼んでみるとサンドイッチ型に重なったサラダでした。オニオンスープもおいしかった。

(1)00 (1)01 (1)02 (1)03

■Au Marechal Brune
9 Boulevard Brune, 75014 PARIS

ヴァンブの蚤の市に行った後、目的のバスク料理のレストランがお休みで急遽こちらに。
まだパリについて間もなかったので、とりあえず牛!肉!というかんじでタルタルを。やはりおいしかったです。生肉たくさん食べた!という満足感が。

(3)01 (3)02

■Café de Paris
10, Rue de Buci, 75006 Paris

生牡蠣、フォワグラのラザニア、焼いたシェーブルチーズのサラダ。
通りすがりに入ったのでそれほど期待していなかったのですけどここはおいしかったな〜

(2)01 (2)02 (2)03 (2)04

■Crêperie La Bretonne‎
56, Rue du Montparnasse, 75014 Paris

モンパルナス通りはクレープリーがずらーっと何軒も立ち並ぶ通り。
こちらで頼んだのはブーダンノワールのガレット。どうも見るとつい頼んでしまうのね、ブーダン系は…大好きなのだ。
セオリー通りにリンゴのソースと一緒に柔らかなブーダンがたっぷり詰まっていてたいへん美味でした!BIOのシードルはわりと変わった味だった。

(4)01 (4)02 (4)03 (4)04

■Léon de Bruxelles‎
Rue Rambuteau 75001 Paris
http://www.leon-de-bruxelles.fr/

パリ市内にたくさんある、ファミレス的なベルギーのムール貝専門店。手頃な値段でおいしい鍋いっぱいのムール貝を、いろんな味付けでいただけます。
今回はプロヴァンス風。オリーブやトマトが入ってました。ベルギービールもおいしかったです。
「羊たちの沈黙」のレクター博士も御用達の調理道具の専門店が建ち並ぶ
エチエンヌ・マルセルに向かう途中で。

(5)

■Astier‎
44, Rue Jean-Pierre Timbaud 75011 Paris

パリ在住の日本人にも人気のビストロは、入店するとすぐに満席に。
味はもちろんボリュームも150%な勢い。
栗のスープ、鰯の酢漬け、豚とピスターシュのパテ、皮付き豚の煮込み。食べ頃のチーズがもりっと盛られたプラット(切り放題!)も見事でした。

(6)01 (6)02 (6)03 (6)04

■Pétrelle
34, Rue Pétrelle 75009 Paris
http://pana99.exblog.jp/8553472/

手書きのメニューがすごく読みづらいけど、すごくすごくおいしいから、と勧められたというレストランはモンマルトルの片隅。
ジロール茸とぷりぷり手長エビのラビオリ、力強い味の根菜類が付け合わされた子羊の煮込み。
品よくモダンアートが飾られたムーディーな店内で饗される繊細で完璧な一皿。感じの良い給仕さんがボナペティと声をかけてくれ、店内には優雅に歩き回るにゃんこさん!どこの天国ですか、ココは。
店内がすごく暗くて写真がイマイチなのですが、今回行った中でどこか一軒と言われたら、間違いなくこちらを推します。が、自力ではもう来れない気がする…読めないし…

(7)01 (7)02 (7)03 (7)04

■Mosquée de Paris
39, Rue Geoffroy Saint-Hilaire 75005 Paris

イスラム教のモスクでありますが、サロン・ド・テとレストラン併設です。
モザイクタイルの美しい店内でいただくエスニックごはんはとっても美味で、そっち系の料理にはちょっとはまってしまいそうです。
コフタ、アニョーとプラムのタジン、クスクス。
帰りにイズラエルとボンマルシェで、しこたまスパイスを買っちゃいました。

(8)01 (8)02 (8)03 (8)04

■La Cantine du Troquet‎
101, Rue de l’Ouest 75014 Paris
http://www.kadokami.net/weblog/2009/01/30/post_195.html

「Le Troquet」はバスク料理で有名なビストロですが、トロケのカンティーヌ〈食堂料理〉というこちらはそちらのカジュアルバージョン。
予約を取らず、オープン&カジュアルな明るいお店です。
ジゴダニョーおいしかったな…バスク豚も。ブーダンもおいしかったし、ブーダンに付いてきたキュウリと青唐辛子のピクルスは、かつて食べたビクルスの中で一番おいしかった!
パンはプージョランさんのパンでした。

(9)01 (9)02 (9)03 (9)04

■Rose Bakery (マレ2号店)
30, rue Debelleyme 75003 Paris

オーガニックの野菜、豆乳を中心としたヘルシーメニューが人気のお店。
最終日にランチをいただいて、疲れた胃をリフレッシュ!
根セロリと種なしザクロのレモンサラダがとてもおいしかったです。日本では売っていない野菜が多くて残念ながら再現は出来ないなあ。
こちらもパンはプージョランさんのパン。

(10)01 (10)02 (10)03 (10)04

 

以上、我ながら一週間でこんだけ食べればたいしたもんですね!食い倒れ京都大阪旅行以来の食べっぷりでした。
この他に前述のパンとかお菓子とかもちゃんと食べてますからね〜

いろいろおいしいものを食べましたが、ほとんどの店でもりもりと山盛りに出てきたポテトフライ。日本だと食べる気がぜんぜんしないのですが、パリで食べたものはみんなすごくおいしかったです。なにが違うんだろ?冷凍じゃないから?

あとはビネガーを使った料理に、モロッコ料理。それとどの店も羊料理が特においしかったな〜。近頃は日本の羊もくさくないのが多いですが、比べてもフランスの羊はにおいが薄く肉の味がしっかりしていて美味ですな。

イタリアでも思いましたが、やはりヨーロッパは肉の国だ!豚も牛も羊も、肉から違う気がしますし、扱ってきた歴史の長さが違いますね。
イタリア、フランスと来ましたから、次はドイツかな!?バスクにも行ってみたいな〜