パリで無線LAN

おまけ。

パリ市内では、パリ市が設置しているParis Wi-Fi無線LANの無料ホットスポットが存在します。使用できるのは260箇所。主に公園や公共施設で、公式サイトから設置場所を調べることが出来ます。
260箇所というのは無料の市営無線スポットとしては決して少なくはないと思うけれど、残念ながらパリ市内全域をカバーするというわけにはもちろんいきません。
その他、マクドナルド、スターバックス、カフェなどで有料(もしくはワンオーダー)のWi-Fiサービスを受けられます。

ですけどもね。
街中を歩いていてiPhoneで現在地を地図上で確認したいとか
歩きながらSkypeで電話したいとか
今食べたおいしいものの写真を撮ってすぐにメールで送りたいとか
別行動で古い建築物巡りに嬉々として飛び出していった父に、安否確認のメールを送りたいとか
そういうちょっとしたたわいもない用途に、思いついた時に使えたらいいのにさー…。

 
パリを歩いていて驚いたのですが、殆どの地域で上記以外の無線LANのホットスポット電波がつかまるのです(free.frやneuf wi-fiなど)。
あとで調べたところ、一般家庭のインターネットプロバイダのほとんどが、契約するとTVや電話、ADSL回線の無線LAN装置が入ったセットボックスが届くというシステムになっており、家庭で無線LANを使っているのがほぼあたりまえらしい。その上で、個々の無線LAN網を契約加入者全員で共有できるという、FONのような仕組みがなりたっていて、その電波で市内が満たされているようなのですね。これは素晴らしいですよ。

もちろん旅行者がそれらの装置を購入して契約を結ぶのは困難なので、せっかくのホットスポットも利用することは出来ない。実に残念なことです。

調べてみると月30ユーロくらいのサービス。
ホットスポットだけでいいので、旅行者にも一ヶ月30〜40ユーロくらいで、短期もしくはプリペイドで使わせてくれるようなサービスがあればいいのになー、とため息をついているのでした。

 

Paris.fr
日本語の使えるインターネットスポット
フランスのプロバイダ

comment

  1. 追記。
    http://kakuzato.jugem.jp/?eid=70
    たった今気が付いたけど、滞在していたアパルトマンでは無線LANが使えた。つまりこのセットボックスが設置されていたわけだ。(どのプロバイダの物かは確認していないけれど、同じ物だった可能性はある)
    アクセスIDとパスワードも知っていたし、ひょっとして知識さえあれば使えたのか……ああもったいない……無知というのは本当に罪。

コメントは停止中です。