マクロスF 虚空歌姫 〜イツワリノウタヒメ〜

fc1ad413bce319bf3e631c3067ea1e82スキを見て、新宿バルト9まで二度目のマクロスFを見に行ってきた!
冬休み効果かチケット販売機からエレベーターからえっらい人出でびっくりです。混んでるのはアバターとワンピかと思ったら、公開して一ヶ月たっているマクロスFも満席でした!
今日から配布のマイクローンフィルムプレゼントの効果もあるのかな?

そのマイクローンフィルムはもちろんいただきましたが、さっき見たらミシェルとアルトのツーショットでがっくりですよ。あたしはシェリルさんの色っぽい姿とかが良かったよう!あほー!

さて、映画です。今回はとにかくシェリルのライブを堪能するつもりで臨みました。
初回を見てから帰りにアルバム買って、ずっと聴いてましたからね。ふふふ。
もちろんライブは前回以上に楽しめました。ほわほわの白シェリルが妖艶な黒シェリルに食べられちゃう「ユニバーサル・バニー」、キュートな「pink monsoon」、戦闘との相性も素晴らしい「永遠」「オベリスク」と最高!ああもうあそこでバジュラが襲ってこなければもう少し歌を堪能できるものを…!!もうシェリルのライブDVDとか出せばいいのに………!!!買うから!!

ストーリーも前回より落ち着いて、テレビ版との違いを楽しめたかも。
あくまでテレビ版をぜんぶ見た上での感想ですが、テレビ版よりもいろいろまとまりよく、理解しやすく再構成してますよね。理解を深めるための変更の他に、設定や展開がテレビ版とは大きく違っているところもありますから、それを踏まえてストーリーの決着をどういうところに持って行くのか、今から非常に楽しみです。

TV版と違う、今回最大の謎は、シェリルの立ち位置。
ラスボス・グレイス女史がシェリルを利用しているところは変わりなさそうですが、シェリル自身はどういう心境で、グレイスの計略や自分の病気のことなど、どこまで知っていて行動を共にしているのかしらね〜。TV版のシェリルはグレイスにまるっと利用されていましたが、映画版冒頭の会話では何らかの計画に荷担しているようにとれるかんじ。タイトルの「イツワリノウタヒメ」も意味深です。

さて、後半はどうなるのでしょうか!

■ランカの下積みがちゃんと描かれたことと、最後にシェリルとふたりで歌ったところがフロンティア中に放映されたことで、次回はそんなこんなでランカが大ブレイクってところからスタートなんだろうなあ(=映画ネタ省略)。
■ルカの恋ネタ省略(ナナセ不在につき)
■ミシェルが死にかけて死ななかったところを見るとミシェルの死亡ネタ(たぶん姉ネタも)省略ですかね。
■シェリルが薬を飲んでいるらしい描写はあったけど、V型感染症はどうなってるのか?
■ガリア4のことがすでに会話ででてきているので、シェリル&ランカの慰安ライブは無くなるか、もしくは違う形になるかな?

どうなるのでしょうねえ!