カップヌードルをアレンジするの巻

災害時用にストックしているカップヌードルの期限が切れたので細々と消費しているのだが、毎日食べていると当然飽きる。ていうかもう二日目には飽き飽き。
というわけで、続けて行くモチベーションを高めるため、飽きずに食べられる方法を本気で模索することにした。世間では「ちょい足し」が流行っているようだが、せっかくなのでもう少しいろいろ足してみたい。

・ベースはノーマル味のみ。それしかない。
・カップから出して調理はしないルールで。

 
カレー粉+卵黄orとろけるチーズ
★★★★☆
最初は前の日のカレーを入れてみたのだが、粉の方がなじみがいいようだ。まあ予想どおりの味なのだが、これならカレーヌードル食べればいいんじゃないの、という気がして少々虚しい気もしないでもない。

酢+胡椒+ラー油
★★★★★
酸辣湯麺風。酢は生だとむせるのとカップに入れる時に温度が下がるので、湯を鍋で沸かし、その時点で投入した方がよい。
三分たったら胡椒とラー油を入れて完成。酢が塩気をやわらかくしてくれて、食べやすい。

スキムミルク+カレー粉
★☆☆☆☆
ミルクカレー。スキムミルクけっこう入れたんだけど、ミルク感なし。チキンスープに負けてしまうようだ。塩とかシーフードなら有効なんだろうが、ノーマルカップヌードルには合わないみたい。ていうかカレーヌードルでやればいいんだなやっぱり。中途半端な仕上がりで決しておいしくはないです。

すりゴマ、コチュジャン、おろしにんにく(+卵黄)
★★★★☆
あ、これはいわゆる辛ラーメンですな。おいしいコチュジャンを使えばそれなりにおいしくできます。納豆入れてもいいかも。

ナムプラー+唐辛子+砂糖+レモン果汁
★★★★☆
トムヤム風。塩分が気になるので、ナムプラーは香り付け程度で。思ったほどトムヤムっぽくはならなかったが、唐辛子も砂糖もレモン汁もカップヌードルには意外とマッチする。おいしい。

練りゴマ、豆板醤、甜麺醤、ラー油
★★★★★
担々麺風。あれば花椒を加えれば、ぐっと四川に!練りゴマのまったり感が全体をまろやかにまとめてくれてこれはグー。おいしいです。

 
とまあ、いろいろやってみました。
特によかったのは酸辣湯麺風と担々麺風。どちらかというとスパイシー寄りのアレンジの方が気分が変わっていいのかもしれないです。酸辣湯麺風は本当にさっぱりするので、飽きずに食べられます。これだけ何度かやりました。おすすめ。
とりあえずだいぶ飽きたので、いずれにせよ当分食べなくていいかな、という感じ。カップヌードル在庫あと2個ありますが…

 
 
■いろいろ。
・元が塩っぱいので、調味料によっては塩分過多に注意。酢、ラー油、練りゴマのような塩分のない調味料の方が食べやすいみたい。
・ただし米酢は合うが、ワインビネガーは合わない。レモンも合う。
・湯を沸かす際に料理酒や紹興酒を入れて、旨味をアップするのはアリ。
・海苔とか餅なんかも合うという情報を得ましたが、面倒だったのでやりませんでした。海苔と餅とワサビで雑煮風なんてのもいいのかもですね。