Mac里帰るの巻

Macの具合がまた元に戻ってしまいました。
起動ボタンを押すとプツッと音がするが起動せず、コンセントを抜いた状態を数時間おくと起動するようになる。
もう面倒なのでサポートに電話して、無償修理してもらうことにしました。
入ってて良かったプロテクションプラン。近頃は梱包材片手にクロネコが回収に来てくれるし、楽ちんでいいです。以前iBookを修理に出した時なんて3日で帰ってきたしな〜。

そんなわけでMacさんの里帰りの準備をしています。
うちのMac ProはHDD4台積んでます。
修理の状況でHDDが初期化されることがあります、というお約束はもちろん言われましたが、設定関係はMobileme使ってるから問題ないし、システム入ってるHDDはたいした物は入ってないし、そもそもTime Capsuleにバックアップ済みなので特にすることなし。
あとは残り3台を外して、仕事用のHDDを余ってる外付けのケースに積み替えるだけです。Mac Proは内部を開けるのも簡単だし、HDDを外すのも引き出し外すくらいのレベルなのでこういう時本当に助かります。

問題はiTunesで、タイミング悪くiPhone4のオンライン予約から在庫確保の連絡が来ていたところで、メインマシンがないと旧iPhoneからうまくデータ移行ができない恐れがあり、メインのiTunes環境をMacBookの方に移さなければなりませんでした。
ノートにそんな容量の余裕はないので、とりあえずデータをTime Capsuleに移動し、そちらから読み込ませることに。しかしiTunesはNASからいろんなマシンにデータアクセスできるような構造にはなっていないので、いろいろ面倒なのです。あとでまた戻すかと思うと本当にめんどくさい…
ベストは外付けHDDつなげたMac miniをメディアサーバーとして設置、というプランだなあと思いますが、もう少しだけ安かったらやりたいんですけどね。
 

さて、故障の原因はわかりませんが、夏も冬もエアコン+調理家電でブレーカーを落とすことが数回。今の家は台所部分と電源を分けることが難しいこともあり、UPSも購入することにしましたがいいお値段ですよ。
嗚呼、財布から羽を生やして飛んでいく紙幣達よ…すでに引っ越し貧乏なのにね!