Back to the Mac

本日はアップルの新製品発表イベントの日でした。
「Back to the Mac」なるタイトルを掲げています。

iPhone/iPadの類似品の追撃著しい昨今、Appleは新型MacBook Airを発表。
iOSの良さを取り入れた、iPadとMacBookの間にあるデバイスです。
iPadすごく欲しいけど使い道がもう一歩、仕事に使うにはキーボードがないし…という層にヒットしつつ、iOSから入ったWinユーザーをMac OSにシフトさせてMacのシェアをも拡大させようという狙いでしょうかね。

私はApple信者ですが、当然国内産業も応援しています。
iPhoneが出る前はWillcomのW-ZERO3シリーズのスマートフォンをずっと使っていました。当時はスマホ市場自体がとても小さく、マニアしか使っていなかったので発展のスピードもノロノロ。Windows Mobileの使いにくさは今考えても異常でした。iPhoneから比べたらカタコト程度の知能です。
iPhoneやiPadの普及によって新たな需要が生まれて市場も一気に活性化し、選択肢が増えたのは非常に喜ばしいこと。しかしまだまだ現状「iPhoneと、iPhoneに似た別のスマートフォン」「iPadと、iPadに似た別のタッチスクリーンデバイス」にしか見えないものばかりのように見えます。
できればもっとオリジナリティを持った国産デバイスが(できれば世界的に!)大ヒットして欲しいところです。

Appleは類似品の追撃などかまわず、どんどん先に進んでください。
そのこと自体が市場全体を盛り上げて、他企業も恩恵にあずかれるのですからね!

さて、そんな新製品のMacBook Air。11インチと13インチで登場です。
さらに小さくなった角2封筒に入るノートブック。特徴はその小ささだけではなく、完全にフラッシュストレージであるということ。iPadと同様に一瞬で起動し、30日間のスタンバイが可能です。気軽に持ち歩いて、使いたい時に瞬時に使えるというのはなかなか魅力的ではないでしょうか。ポメラよりいいんじゃない?
13インチモデルにはSDカードスロットがついているのも、仕事で使いたいユーザーやWinからの移行組にアピールできるでしょうね。

あとの発表はiLife11Mac OS10.7 Lion
iLifeは…iMovieとGarageBand使ってないので、実質iPhotoの為だけの購入になってしまうのがちょっとアレなんですが。機能はいろいろ追加されてるみたいですが、まあすごく購入意欲をそそられるという内容ではなく普通の通常進化ってかんじですね。買いますけど。

ていうか今日iLife買おうと思ってたのに、渋谷ストアにはまだ入荷してなかったよ!!!