iPhoneと海外へ

年末に海外に行く人はそろそろ前準備を始める頃でしょうか。
iPhoneを持って海外に旅に出る、というテーマで、2011年後半時点でのiPhone旅お役立ち情報をまとめておきたいと思います。半年前と今ではもうアプリやサービスなんかいろいろ進化やら変化やらしていますから。
 
 


● まずは旅行先で使えるようにしなければなりません


旅先でなにが便利ってとにかくiPhoneの「マップ」機能、次に通話機能、メールやSMSです。
国内なら関係ありませんが、国内で販売されているiPhoneには携帯会社によるSIMロックがかかっているため、国内の別会社のみならず海外でも使用することができません。
国によって事情は違いますが、本来なら旅行などの短期滞在の場合、現地の「プリペイドSIM」を買ってソフトバンクなりauなりのSIMと差し替えて使えると一番リーズナブルなのですが、現状そうもいかないわけで。

一番簡単なのは契約電話会社の「海外パケット定額」サービスを使う事。
ソフトバンクの場合、一日あたり1,980円〜2,980円でデータ通信サービスを利用することが出来ます。
渡航先での交渉や契約などが必要ありませんし、これまでの海外ローミングサービスに比べると安価ですが、それほど安くもありません。日帰りなら使ってもいいかってレベル。

一番安いのは、SIMフリーのモバイルルーターを所持し、現地電話会社のプリペイドSIMを購入すること。私はヤフオクで買ったSIMフリーのHW-01Cを使っていますが(普段はb-mobileのSIMを刺してFOMA回線を使っています)現地SIMは台湾なんかだと空港でさくっと契約できて一週間1,300円とかで使えます。必要なのはAPNとPINコード設定の知識のみ。

次に手軽なのは成田や羽田でモバイルルーターをレンタルすること。
今年始まったサービスのようですが、一週間レンタルで7,000円ですから
3日以上の旅行なら携帯会社のパケ定に比べて明らかに安価です。

テレコムスクエア

まあ一番いいのはSIMフリーのiPhoneを入手することなんですけどね。
台湾で買おうかな…
 


● 地図機能を使う


標準の「マップ」アプリは使えると本当に便利。
さらに使いやすくするために、GoogleMapの「マイマップ」をiPhoneのマップで使えるようにしておくと、旅先ではとても便利です。行きたいお店や観光名所などをマイマップに全部登録しておくことで、標準マップでまとめて表示させることが出来ます。
手順がちょっと面倒ですが、この仕様はしょっちゅう変わっていて以前はもっと簡単に使えたのですけど現状このやり方がベストみたい。

Googleのマイマップを手軽に見られるように変換してくれるサイト
 


● 電話する


基本的に私は旅行先ではよっぽどのことがないと電話しませんが、いざという時には使えた方がいいです。もちろん標準でも海外で使えるような契約になっていれば普通に使えますが、電話代に悩まずにデータ通信経由で電話できるように、SkypeViberを設定しておくことをオススメします。
 


● メールする


Eメールはもちろん使えますが、SMSは使えません。
そんなめんどくさい事情をiOS5が解消してくれました。標準の「メッセージ(iMessage)」がプッシュメールの送受信をしてくれますので、未設定の方はぜひご利用を。iMessage対応アカウント間の利用は無料(パケット代のみ)、その他はMMS扱いです。
私はsoftbank.ne.jpとi.softbank.jpのアドレスを登録しました。

設定方法
 


● 家族や友人と旅行中の情報を共有する


旅行中家族に電話はしませんが、撮影した写真や現在地情報はリアルタイムで見られるようにしています。

30days Album
オンラインアルバムサービス。無料でも3つまでアルバムが作れます。
iPhoneから写真をアップロードできるので、その都度UPしていきます。
家族にはURLと合い言葉を教えておけばOK。

Eye-Fi
iPhoneは関係ありませんが、デジカメにはコレを入れています。
上記の30days Albumに写真をアップロードする設定にしているので、カメラで撮影した画像はネット経由で全部自動でアルバム行きです。
画像に位置情報(ジオタグ)を追加してくれるのもあとで写真を整理するのに便利。

その他写真や簡単な旅行記の共有方法としてはPhotogramや、zapdなんかも手軽。絵はがき的に居場所を知らせるならMapCardGeoCardのようなアプリも便利です。

Google Latitude
iOS5の「友だちを探す」でもできるようになりましたが、家族や友人と現在地情報を共有できます。旅行先で別行動するような時にも便利ですね。
 


● 旅のしおりを作る


後でなにかと思い出したい時のためにも、予定を入力しておくと便利。

Itinerary は機能はシンプルだけどデザインがよくていいかんじ。
TripDeckも同じようなアプリですが使い勝手がちょっと不可解か。

実際の行動記録をロギングする系はいろいろありますが、なかなかコレ!というのがありません。
なにかと忙しい旅行中、画像と位置情報がさくっと入れられて、入力や編集が簡単なのってなかなかないんですよね…。とりあえず現時点だとCatch Notesかなあ。普段の日記に使ってるMomentoが簡単に位置情報入れられればいいんですけどねえ。

Catch notes シンプルすぎるのが気になりますが、iPadやWEBブラウザでデータを共有、再編集出来るのがいい
生活記録 はさくっと登録できるのがいいんですが、残念ながらデザインがあまり良くなくてね…
Trip Journalはゴチャゴチャしてるのであまり好きじゃないです
世界!弾丸トラベラー トラベルクリップ 悪くないんだけどそれほど使いやすくもなく、UIが独特すぎて変なアプリ。
 


● その他、旅行準備など


・万一のiPhone紛失時に備えて「iPhoneを探す」機能を使えるようにしておく

・情報管理。私はTap formsに「旅支度」「カード情報」「パスポート」「保険証」「航空券」「現地領事館」などのデータをそれぞれジャンル分けしていろいろ入れてロックをかけています。毎回荷造りや準備で悩まなくてすみます。カード会社の旅行先での緊急連絡先とかも入れておくと安心。
springpadもいろんな情報を入れられて、WEBでも編集できるので便利です。

・辞書、指差し会話などのアプリを調べておく

・ガイドアプリもいろいろアプリで揃うけど、これは紙の方がいい場合も。

・渡航先の路線図や乗り換え案内系のアプリを入れておく

・通貨換算アプリ「eCurrency」を入れておく

・航空会社の公式アプリやWebページをチェックしておく。オンラインでチェックインできて楽です。

・機内での利用にi文庫sと、書籍データを。

・予備バッテリーは絶対に必要。Sanyoのモバイルブースターや、juice packシリーズなど

 

とりあえずこんなところ。
また半年経ったらどれだけ便利になるでしょうね。楽しみです。