大同電鍋

20130212-135416.jpg

台湾でたいへんメジャーな家電製品、「電鍋」をご存知だろうか。

台湾ではご家庭でも、店舗やコンビニエンスストアでも、とにかくどこにでもあります。
留学生は電鍋を持って旅立つというくらいの必需品っぷり。

1960年代に東芝と台湾の大同の共同開発で発売されたのが最初で、以来日本においてはすでに過去のものとなってしまいましたが、台湾では今でも現役。オーソドックスな朱色と緑色のほかに近頃ではカラーバリエーションも増え、キティやキキララなんかのコラボ商品なんかも限定発売されたりしています。(大同以外のメーカーからも発売されています)

さてこの電鍋、日本では炊飯用としてスタートして廃れていったわけですが、実際のところ「万能調理器具」です。
構造はものすごくシンプルで、スイッチは「加熱」「保温」のふたつだけです。電源ボタンはありません。コードを抜き差しします。
釜に水を入れ、その中に米などを入れた内釜を入れ、加熱スイッチを押します。
やがてものすごい勢いで沸騰し、外がまに入れた水が蒸発しきった時点で加熱スイッチがバッチーンと音を立てて保温に切り替わります。
以上。
加熱時間は入れた水の量で加減するわけです。いつまでも加熱し続けることにはならないため、焦げ付いたりもしません。

火力が強いのでごはんはおいしく炊けますし、肉まんや野菜などを蒸すのも簡単。煮物やコンフィなんかを作るのにもたいへん便利です。お燗もつけられます。内釜やセイロを重ねての同時調理も可能です。
機能が少ない故に逆になんでもできる懐の深さ!

外がまで炒め物を作ることも可能ですが、洗うのが面倒なのでそれはやりません。究極のシンプル構造なので、鍋部分を取り外して洗うようなことができないんですね…

昨年どうしても欲しくなって、台湾で購入してきたのですが、意外と周りに知ってる人や欲しがってる人が多かったり、実家で古い東芝製の電鍋が発掘されたりと密かなブームの電鍋。
便利家電というよりは、面白さやレトロ可愛らしさを求める方におすすめです。ぜひお宅にも一台。

詳しい説明
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1271858302