会社でおいしくお茶を飲む

20130315-173655.jpg

黒くてわかりにくいけど。
現在職場で構築している、お茶のための環境です。

まず、ステンレスボトルとかで保温して蒸れたお茶ってすごくまずいなあと。
お茶の種類にもよるんですが、特に緑茶と烏龍茶は保温常態下での劣化がとにかくひどいです。
やはりその都度熱湯で入れるのがベストとはいえ会社でいちいち急須で何度も自分のお茶を淹れてるわけにもいかないので、できるだけ簡単に味を再現しようと追求した結果こうなりました。
まあ要するに「茶こしつきマグカップ」なんですけどね。扱いづらいガラスや陶器製ではなく、机でひっくりかえらない安定性なども重視しました。

20130315-173609.jpg

黒いマグカップ
すべらず持ちやすくて安定感がある形。二重構造のため熱湯を注いでも外側が熱くならず、保温性も高い。
黒いと茶渋が目立たない。

プラスチックストレーナー
茶漉し。茶葉が自由に動ける、マグカップとほぼ同じ大きさ。

フタ
茶漉しを入れるとマグカップに付属のフタはサイズが合わなくなるので、茶漉しと同じシリーズの製品を使っています。フタ部分のみ使用。

ちなみに茶葉はあらかじめ4~5g計量してお茶パック(Lサイズ)に入れ、小分けしたものを常備しています。
今のところ満足の行くお茶ライフです。