ビオトープ2013

引越しだのなんだので何年もサボっていたベランダビオトープを数年ぶりにリセットしました。
伸びるまま増えすぎた睡蓮を抜いて、土を総入れ替え。

レイアウト用のレンガや炭、水草などを取り出してから生体を一時避難させるわけですが、まあこれが大変。メダカと貝はさほど問題ないのですが、逃げまくるヤマトヌマエビ&ミナミヌマエビ、なにかと泥に埋まって所在不明になるシマドジョウ。
取りこぼさずにリセットできたのが奇跡的です。

さて、いろいろ入れ替えてキレイになった水槽。せっかくなので生体の種類を増やしました。
ヒドジョウ、白コリドラス、カエル。
ヒドジョウは以前入れたことがあるのですが、いつの間にか淘汰されてました。やはりオーソドックスな茶色の方が生命力が強いのか?

コリドラスは水槽の掃除役でおなじみ。水底の沈んだエサなんかを忙しく探し回っています。

カエルは種類忘れちゃいましたが、陸地がいらないうえに大きくならないとのことなのでいれてみることにしました。基本的には水底に沈んでいて、水面に浮かんだメダカのエサを、飛び上がって食べていたりなかなか面白い動きをします。

なかなか楽しい環境に仕上がって、ベランダに出るのが楽しみです。