自由

およそ2ヶ月ぶりに!不自由なく!風呂に入れました!

築30年超のわがマンションはいろいろと老朽化が進んでおり、大規模補修のサイクルに入っていて、今は水道関係の補修を2ヶ月くらい延々と行っています。

そんな中、水道の業者さんが「おたくのお湯の出、悪くないですか?」などと言い出しまして、ついでに調整してあげます!と言われたので、そうですかとお願いしたところ。

給湯器がぶっ壊れました。

給湯器もマンション新築時の初期装備ですから、寿命ではあったと思うんです。当時はガス暖房にも使っていたのでアホみたいに大きい給湯器でしたし。

だましだまし使えてたのが、湯量を増やしたせいで一気に昇天してしまったのかなと思います。

具体的にどうなったかというと、まず給湯器のスイッチを入れて蛇口を回します。お湯が出ます。お湯を止めます。

そうすると、給湯器から「ブッシュウウウウウーーー」というなにやらものすごい蒸気の音がした後、給湯器がストップします。

給湯器を制御するコンピューター部分が飛んじゃう状態らしく、ブレーカーを入れ直すと直ります。

そんなこんなでね、まったく湯が使えないわけではないのですが、風呂をためおわったらお湯が使えなくなるので、シャワーを使うには風呂を貯めたあとブレーカーを入れ直して、さらに使用中はお湯が途切れないように出しっぱなしで使い続けないといけないという面倒なことになっていたわけです。

それで「じゃあ当面シャワー無しで」という方向でやってました。

永遠にそのままというわけじゃないかと割り切ってましたが、すすぎがしにくかったせいか髪が傷んできちゃってさすがに困っていた今日この頃、ようやく自分の思い通りに湯が使えるという、今日というこの佳き日を迎えられたという次第なのでございますよ。

およそ3分の1くらいのコンパクトサイズになった新しい給湯器がつきました。いままで無かった温度表示もつき、風呂がたまったら勝手に止まってくれるようにもなりました。
私、実家を出てからボロい部屋とか古い部屋にしか住んだことないので、ひさびさの文明の利器ですよ。

文明最高ヒャッホゥ、ってお話でした。