写真バックアップ2016

どこまで書いてたかわからないので記事がかぶってるかもしれないけど。相変わらず、写真データのバックアップに関しては試行錯誤をしています。
基本的にはオンラインストレージの複数利用による複数バックアップです。

  • Amazon Drive
  • Googleフォト
  • Flickr

上記の3つが現在のところメインで使用しているストレージです。
なぜ複数のサービスを同時に使うような面倒なことをするのかといえば、オンラインサービスは時に規約変更、サービス縮小、サービス終了と、突然終焉を迎えることがあるのを何度となく体験してきたからなのでございます。たとえ有料のサービスだったとしても、終わるときは終わります。
もし同じデータが別のところにあれば、1つのサービスが突然終了したとしても慌てず対処できるというものです。
ちなみに昨年末まで使っていたOneDriveですが、Office365ユーザー無制限利用のはずでしたが規約変更により最大1TBになったため、画像のバックアップ目的での利用はやめました。

Amazon Drive

https://www.amazon.co.jp/clouddrive/home

特にちゃんとした写真を撮影している人ほど、現在Amazon一択かと思います。
Amazon Driveは5GBまで無料で何でもデータを入れられますが、その中でも画像データに限り「プライム・フォト」のサービスで、割り当てられた5GBの容量に関係なく、容量無制限で保存することができます。amazonプライム会員の場合、無料です。
含まれる画像データの種類も豊富で、特にRAWが無制限で保存できるサービスはこれしかありません。
私の場合、ハードディスクを圧迫する大量の「素材集」データもこちらにいれてあります。助かるわー

料金:無料(プライム会員料金 年3900円)
容量:無制限(写真画像に限る)
圧縮:無圧縮
ファイルの種類:JPEG、BMP、PNG、GIF、および一部のTIFFとRAW

Googleフォト

https://photos.google.com/

こちらも容量無制限ですが無圧縮ではありません。
とはいえ何でもかんでも大幅に劣化するということではなく、「1,600万画素を超えると1,600万画素相当に自動リサイズ」です。
RAWにも対応していますが、上記のサイズ制限に引っかかる可能性が高いので、実質的にはRAWの保存には向かないと思われます。
スマホで撮影した画像データなどのサブのバックアップストレージとして、また人に写真を見せる時の共有用としてなら、なかなか使いやすいサービスかなとは思います。

料金:無料
容量:無制限
圧縮:高画質モード(圧縮されます。無圧縮の場合使用に制限あり)
ファイルの種類:JPEG、PNG、GIFの他にも、TIFF、RAW(CRW、CR2、NEF、DNG、ORFなど)

Flickr

https://www.flickr.com

老舗のフォトストレージサービスで、一番古くから使っているので使っていますが、新しく人に勧めはしません。いつまでも日本と日本語に対応しないし、サービスが流動的だし…無料で1TB使えるのは素晴らしいですけどね。

料金:無料
容量:1TB
圧縮:無圧縮
ファイルの種類:JPEG、GIF(非アニメーション)、PNG、TIFFは自動変換されJPEG形式で保存
動画(AVI、WMV、MOV、MPEG-1、MPEG-2MPEG-4、3gp)にも対応しています。

こんな風に使っています。

スマホ画像のバックアップ

各サービスそれぞれスマホアプリがあり、起動すると自動的に新しく追加された画像をアップロードしてくれますので、定期的に一通りアプリを立ち上げていくだけでバックアップできます。
複数サービスにアップロードできることで、スマホ本体の画像を遠慮なくどんどん消去できるのもいいところです。

カメラ画像のバックアップ

各サービス共、デスクトップクライアントまたはWEBブラウザからデータをアップロードします。
デスクトップクライアントがあるものもありますがあまり使いやすくはないので、だいたいWEBブラウザからサービスにログインして使っています。
Dropboxなどのようにデスクトップにストレージを表示することはできないので、私は補助的なサービスとして、オンラインストレージをデスクトップフォルダとして扱える「ExpanDrive」を使ってます。普通のフォルダの要領で、データをコピーできます。