データバックアップ2016

写真データ以外のバックアップの件。

写真のバックアップは今の所わりと落ち着いたので、その他のデータの話です。

ハードディスクというのもいつかは壊れるもの。Macの中にあまりデータを置きたくなくて、外に出せるデータは出してしまいたいのですが、なかなか安心しておける動きの軽い、それでいて割安なサービスなんてものはないもので。複数のサービスを使い分けてなんとかやっています。

  • Dropbox
  • iCloudDrive
  • OneDrive

現在使っているサービスは、上記3つ。

以前プッシュしていたBitcasaは縮小に次ぐ縮小の挙句、廃業してしまい、データのサルベージに相当苦労しました。アクセスが重いサービスは難しい。

Dropbox

http://www.dropbox.com

Dropboxはもうすっかりおなじみのサービスで、以前は有料プランで利用していましたが、割高感を感じるようになってきたので今は無料プランに移行しました。

無料で使える容量は2GBと少ないですが、サービス初期から使っているので、紹介ポイントなどで合計10GB近くになっているため、そこそこ使えます。

データ同期のスピードと安定感、使いやすさで、保管用とというより使用頻度の高いデータ、仕事のしかかりデータなどを入れています。

iCloudDrive

https://support.apple.com/ja-jp/HT201238

MacOSX、iOSとの親和性が高く、Appleの端末を使う上で必ず使うサービスです。

無料容量が5GBと少ないので、容量を追加したいところではあるのですが、いかんせんあまりお安くない。なので画像などの重いデータは入れないようにiCloudフォトライブラリは使っていませんし、Macでも純正の「写真」アプリは利用していません。メールもほぼ使わないようにしています。

いま入っているのはiPhoneなどのアプリが使用するデータの保管が主。

OneDrive

http://onedrive.live.com/

無料で使えるのは5GB、Office365のサブスクリプションプランと併用で、1TBまで使えます。このプランが1TBではなく無制限で使えるようになるはずだったのですが、突然Microsoftが規約を変更したため、現在では最高1TBまで。

規約変更を受けて画像や素材集は画像データ無料のAmazonDriveに移行。残りも今後他のサービスに移行するかもしれません。Officeほぼ使わないので…。

いま入っているのは終了した仕事のデータ、フォントやアプリケーションのバックアップなど。

データ周りの今後のこと

  • 音楽:iTunes Match 年3,980円
  • 画像:AmazonDrive(プライムフォト)、Googleフォト(無料)、Flickr(無料)
  • メール:Gmail(無料) 独自ドメイン
  • ムービー:ローカル保存
  • バックアップ:Microsoft 年12,000円(Office365)、Dropbox(無料)、iCloudDrive(無料)

サブスクリプションで月々いろいろかかるサービスが増えてきたので、画像、仕事のデータなど合わせて月1,000円〜1,500円くらいで収めたいところ。

現在オンラインストレージ周りの価格は、月額1,200円/1TB前後が標準です。

Dropboxが業績不安定らしいので、今後動きがあるようならMicrosoftを解約して、iCloudDrive課金かなあ、と思っています。

iTools → .Mac → MobileMe → iCloudと続くAppleのオンラインストレージは昔は重くて重くてとても使い物にならなかったのですが、現在はやっと、さほど重さを感じない所まで来ました。サービスも変化しつつ終了はしないと思うので、信頼性を加味すると今のところiCloudDriveなのかなあと思う今日この頃です。